WORKS

L,ALLIVO(結婚式場)

エル,アリーヴォ
Wedding Chapel & Banquet L,ALLIVO
結婚式場

設計/デザインオフィスケンタロウ 神田健太郎
   建築 UDA建築設計 西村和起  
協力/設計 クオリア 鈴木崇人 照明計画 マックスレイ 望月公尋 
   特注照明、オブジェ ザ・ヴィンテージハウス 特注家具 オリバー
   アートワーク STUDIO SAWADA DESIGN  
施工/大洞工務店
撮影/ナカサ&パートナーズ

 この「エル,アリーヴォ」は、列席者が中へ進むにつれて新たな感動が沸き起こる空間となるよう、結婚式場に降り注ぐ「神聖な光」をテーマとして、各シーンごとにアート性豊かな表現を試みた。
 建物構成は白を基調とし、低く伸びる水平ラインの中に、キャンドルをシンボライズした形状のチャペルを突出させ、誰しもが結婚式場と認識できるデザインとした。建物内に入ると、初めに新郎新婦をイメージしたアイアンオブジェが出迎える。ホワイエのソファベンチ中央にある暖炉のフードには、天へ昇っていくようなブロンズリングを施した。ガーデンは大開口のガラスによりホワイエ、バンケットとつながり、それぞれに自然光が降り注ぐ。チャペルは、R状の壁面を幾重もの間接照明の光が走り、天井まで包み込む。そして天井からは、チャペルの外観をかたどった天吊りアートがきらめき、新郎新婦へと降り注ぐ。バンケットは高さ7mの天井から巨大なボックス下がり、木、石、光をモチーフにした素材が重厚感を演出。高砂は斜めにせり出した背面から光がこぼれる。
各シーンごとの「神聖な光」の表現を感じながら、列席者の祝福と共に幸せに包まれていく空間となった。
PAGE TOP